fumix/海賊船クルー      しかし船が設計できないのでもっぱら建物を設計している 


by fuming_century
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2年ぶりにfumizm

2年ぶりにブログを更新してみる。
最初にブログを始めたのが今から7年ほど前。

7年もたつ自分の文章というのは時効というか、
とても他人事のようで自分の歩んできた人生とは別の物語が綴られているように感じる。

そんなふうに自分の人生のハイライトを客観的に俯瞰するためにも
こうして文章を残すことは結構大事な作業なのかなと。
そんなこと茂木さんも言ってたし。

忙殺され気味の最近の区切りのない生活を反省しつつキーボードを叩いてるわけです。

それなりに近況など交えつつ、人知れず、不定期にfumizmを更新しようっと。



では私事ではありますが、
痔、再発
[PR]
# by fuming_century | 2012-08-14 01:39

CX2

d0002843_123553.jpg



みんなGRに群がる中、RICOHのCX2を買いました。
てゆーかテレビを買いました。

GR使いこなせるほど腕ないし。

CX2夜景にバカにつよい。
その上ミニチュア撮りができるおもしろカメラなのです。

続き
[PR]
# by fuming_century | 2010-02-28 01:30

じいちゃん

半径5km。
栃木の実家を中心にして、それがじいちゃんの移動範囲。

一緒に暮らしていた頃からこれまでの20数年間、
じいちゃんがこの街を離れた姿を僕は見たことがない。

泥まみれのトレーラーに乗って、雨の日にも欠かすことなく畑に向かうじいちゃんの姿。
道路に残るタイヤの跡がかっこよくて、その跡を踏みながら畑についていくのが好きだった。
たったの5kmでも、そこにはじいちゃんの人生が詰め込まれている。

60歳を目の前にしたある日を境に、
じいちゃんはじいちゃんであると同時に、
僕ら兄弟の母親になった。

どれほどの苦労があったことか、想像したって追いつかない。
あまりに幼かった僕ら兄弟は、そんな苦労を顧みず、
ただひたすらに迷惑をかけた。

そしてありがとうを言うこともなく、いつの間にか時間だけが経った。

12月半ばの土曜日、
お腹回りがきつくなった黒いスーツに白いネクタイを締めた
じいちゃんと一緒に宇都宮まで出かけることになった。
本当に本当に久しぶりの遠出だったと思う。

足が痛い足が痛いとぼやき続ける車内でもどこか嬉しそうで、
はやる気持ちを抑えられず、
また赤信号か、まだ着かないのかと言っていた。


兄の結婚式だった。
最高に素敵なお嫁さんが我が家にやってくることになった。
兄ちゃん史に残るファインプレーだな。

披露宴の最後に、新郎新婦互いの両親へ花束贈呈があった。
本来誰も立たないはずの場所に立っていたのはじいちゃんだった。

生まれて初めてもらったという花束を握りしめて、
じいちゃんは何度も兄ちゃんにありがとうと言っていた。

「ありがとう」という言葉はいつもじいちゃんの側からやってくる。

2人で家に帰ってから
泣くのをこらえるのが大変だったと言っていた。
そう言って目を潤ませながらも、
孫の前でまた涙を堪えるじいちゃんは
最高にかっこいい。

残るはお前だけだなとボソリと言った。
結婚願望はあるけど、相手がいないと僕は言った。
それが一番大事だと、これ以上ない正しいツッコミが返ってきた。

これからもご心配おかけしますので、どうか、どうかお元気で。


d0002843_314485.jpg
[PR]
# by fuming_century | 2009-12-29 03:21

黄金町バザール

横浜トリエンナーレとともにぼくんちの近所で始まった黄金町バザールに行ってきた。
黄金町バザールとは黄金町を構成する3大勢力、風俗嬢、暴力団、ドヤ街のじいちゃんの中に果たしてアーティストは割って入れるかという企画。
d0002843_23301669.jpg

飯田スタジオの学生たちが計画した京急高架下の3つのスタジオもドンとオープン。
高架のアーチと相まって非常に豊かな空間です。いやぁ、うらやましい。

d0002843_23302876.jpg

me ISSEY MIYAKE
こういうお店、この地域には一生できないと思ってた。独特の陰気くささ、卑猥な空気を消さずにうまく混ざっていったらいいのに。

黄金町バザールとギャルソンのコラボTを予約。


d0002843_23555923.jpg

注目のアーティスト、きむらとしろうじんじんさんは11月に登場予定。
過激なドラッグガールに扮して、みんなといっしょに地味に焼き物して、茶を煎じる。
今一番会いたい人。


d0002843_2353306.jpg

その足で実家に帰り墓参り。
おみやげにじいちゃんにショウガをいただく。ありがたい。
[PR]
# by fuming_century | 2008-09-14 23:57

OBON

お盆実家帰省。
お盆は年に一度ご先祖様と家で一緒に過ごす時間。
家族みんなで迎えに行って、家でのーんびりくつろいで、16日にまた家族みんなでお見送り。
墓前でご先祖様と一緒に団子を食べると頭が良くなる。そんな行事をもう27年、
いやいや僕の生まれるずーっと前からこの土地の人達が大切に続けてきたものを、今は僕らがリレーしている。たとえ横浜に暮らしていても、たとえ無責任な次男坊でもこの代々受け継がれている渡邉霊を近くに感じるこの感覚を大事にしなければ。
兄ちゃん、ファイト!

しかし今になって墓石に刻まれた渡邉の「邉」の字が間違えていることに気がついた。
みんななんとなく気付いてたのにしれーっとしてたらしい。
渡邉霊は代々しれーっとするのが得意なのだ。

久々の友達にも会え、完璧に充電できたお盆でした。

d0002843_533659.jpg

田んぼで花火
d0002843_533518.jpg

花火とじいちゃん
d0002843_5342949.jpg

壊れかけの葛城大橋
d0002843_5415018.jpg

この写真を撮った4時間後、1時間に110mmの記録的大雨に見舞われる。
[PR]
# by fuming_century | 2008-08-17 05:42
例えばカロリーメイトの箱の中から

d0002843_16334929.jpg


ドラフティングテープが出てきたとしても

d0002843_1635587.jpg


ありえる、と思った。


d0002843_16353414.jpg


そんな似た者同士。
[PR]
# by fuming_century | 2008-07-19 16:36

ニーチェ

d0002843_024820.jpg

週末になると時間を見つけてチリンチリンとチャリンコこいで、大桟橋に立ち寄るのが最近の僕の習慣。習慣というほど出没してるわけではないけれど、チャリンコ買ってからはほんとによく行くようになった。間違いなくあそこは横浜一のパワースポットだと思う。そこで何をするともなくただボッケーっと、心も体もリラックスさせ、小一時間ばかり読書などをする。
 僕は食生活から日常生活のあらゆる部分に至るまで、「ばっか食い」的に物事を消化していく癖が大いにある。要するに全体を考えながらバランスよく食べる「三角食い」の正反対、一度それを食べたらなくなるまでそればっか食べる、一点集中人間で、それはもちろん読書に関しても例外ではない。
 僕の読書観において、文章全体のストーリーというのは、面白ければそれに越した事はないけれど、極端に言えば結構どうでもいい部分があって、とにかく一行でも、一言でも自分の体に効く言葉があれば、その作家は僕の心の師匠、敬愛して止まない大切な人として心に刻まれる。そういうアフォリズムを発明できる作家として僕の中では寺山修司、小林秀雄、そして最近もっぱらニーチェがきてる。
 ニーチェてー!という感はあるでしょう。僕ずっと敬遠してましたもの。でもこの人の言葉は何か人間の本質に近い部分をありったけの情熱でついてくるもんだからほんとに効きます。
最近「ボディにいいのもらったわぁ」と思ったニーチェのお言葉

「隣の人を妬むより、遠くの人を愛しなさい」

この、かなり意味不明で、それでいてどこかインテリジェンスなニュアンス。プレゼンで質問攻めにあってもうどうしようもなくなったときに、多分一回は使えると思う。


大学院時代、学部生の授業のTAをしているとき西沢さんと一緒に大桟橋を見学に来たことがある。

「この建物はFOAという人が作りました。では、解散!!」
あの開始7秒でまとめた概要説明にも度肝を抜かれたが、もう一つ度肝を抜かれたことがあった。先生とTA2人で一階にあるカフェでコーヒーを飲んで談笑していたときのこと、ふと、外に広がる海を眺めながら先生は言った。
「あぁ、この建物、コルビュジエが見たら、なんて言うかなぁ。うーん、気になるなぁ。」


遠くの人を愛しなさい。
何かに没頭したときの人間の志は時空を超えて誰かを愛し、会話することだってできる。



ニーチェの言葉を見つけたとき、ある日この場所で起きたそんな出来事のことが思い出された。


なにはともあれ、ニーチェって、言いたかった。
ニーチェ、ニーチェ!
[PR]
# by fuming_century | 2008-06-24 00:29

お〜い

夜な夜なコソコソと一級の勉強を始めてみている。ゴールデンウィーク明けに法令集にシール貼ってスイッチオンしたのです。
そんな時間ないなと思っていたけれど、まあそれは言い訳でした。1日を小刻みに刻んでいけば割合にルーズな時間はあるもんだ。

とはいうもののまだまだエンジン全開とはいかず。
修論中はSD選書の黒本の間に「デスノート」を忍ばせて、何度も何度もLが死ぬとこだけ読んでましたが、今回は「お〜い竜馬」の武市半平太、三文字切腹の巻を何度も何度も読んでいます。なんでこう人が死んじゃうところばっかり。でもね、かっこいいんだ「まだまだ〜」って。あっただの幕末好きです。

あぁ、幕末テスト出ねーかなぁ。
法規の問題、船中八策から出ればいいのに。
「計画」「法規」「構造」「幕末」ならいいのに。
[PR]
# by fuming_century | 2008-05-27 01:40

ハト

いじってたら元の設定に戻せなくなってしまいました。

もうこれでいく。クルッポーです。
[PR]
# by fuming_century | 2008-05-25 22:33

かわゆい

d0002843_22332294.jpg


事務所の耐震補強工事のため久しぶりに土曜日オフ
ちょっとおでかけして念願のラジオを手に入れました。
かわゆい。
ボタンのとこがネズミ出た時のドラえもんみたい。
どうやって周波数合わせるかは謎なんだけどね。
助けてドラえもん、、。

ちなみにうちの事務所、仕事中ず〜〜っとラジオがかかってるもんで、
ボスが切れてるときにピストン西沢と秀島ふみかが軽快なトークを繰り広げてたりする。
11時ころになるとアンジャッシュの渡部が下ネタ言いまくってる日があって、
皆シレ〜っと仕事してるけど、いつ、誰がつっこむのかと、ドッキドキしてます。
ちっさい頃、食事中にちょっとエッチなシーンが流れたときのお茶の間みたい。
[PR]
# by fuming_century | 2008-05-10 22:45