fumix/海賊船クルー      しかし船が設計できないのでもっぱら建物を設計している 


by fuming_century
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日曜の朝、午前六時

ぼんやりと夜を越え、なんだか無性に外を歩きたくなる

日曜の朝、午前六時。

d0002843_1445815.jpg

思い立って最初に来た場所。カテドラル。
光も空間も、司祭の唱える聖書の一節も、パイプオルガンの音も、祈りを捧げる人々の姿も
非日常的なすべてのことが、徹夜でぼんやりした頭にはとても心地良く染渡る。

一週間の幸せを祈り、ミサをあとにする。

つもりだったが、少し寝る。

d0002843_1421509.jpg

あまりの暑さに日陰を探してふらふらと辿り着く。
日比谷公園。
「パークライフ」のような不思議な出会いはないけれど
高層ビルが覗き見るこの場所で一時の逃避をみんなが望んでいるのかと
東京の中心にぽっかり空いた公園に集う人々を見ながら思う。
そんな間もなく、、爆睡。

d0002843_143644.jpg

そして品川へ。
海の方から妖気を感じる。白くて四角い倉庫のほうから。
拝啓ノグチョン、今もちゃんと、夏を楽しんでますか?
そんな感覚に臆することなく高輪口から原美術館へ。

束芋展。タイトルは忘れた。

シュールです。

d0002843_14453653.jpg

駅を降りると独特のざわついた空気と熱気を感じる。
夏がきた、そう感じるこの瞬間が僕は好き。街全体で季節を表現するようなこの空気が。

でも春はもっと好き。

筋書きも物語もないめちゃくちゃな組み合わせで、論文の内容がこんなふうだったら
ひどく叱られるだろうと思うけど、それが起きるのが東京なんだろう。
そのエネルギーをもらうためにも、たまの休みに脈絡もなく街を歩くエネルギーを
失いたくない。充電完了、また一週間を頑張ろう。

とおもった先週の日曜日。
[PR]
by fuming_century | 2006-08-06 15:06