fumix/海賊船クルー      しかし船が設計できないのでもっぱら建物を設計している 


by fuming_century
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トニーガルニエといえば

Yoshida先生。リスペクトです。
どうも限りなく1講座よりの8講座の者です。お久しぶりです。
fumix「お荷物キャラの浸透の早さには僕自身が一番驚いている。正直戸惑っている。」
とのことです。

修論がらみで最近もっぱら工場を見ています。勢いあまってこんな本を買ってしまいました。
d0002843_19262587.jpg

菊池さんのホームページで見つけて即買。さっき届きました。
ひきこもり修論生活で、はじめてテンション上がりました。
ほんとうに純粋な機能主義はむしろ形態の多様性に表れる。はず。
[PR]
by fuming_century | 2006-11-27 20:00
事務所から復帰してM3組プラスShigiとやったリハビリコンペ
「温暖化時代におけるノアの箱舟」

が、上位4点に選ばれました。

赤ペン先生harihariの「ものすごく時間をかけたのが垣間みれる地図」
という指示を忠実に守ったかいがありました。

見事に地球を救って1等賞取りたいです。2次のヒアリング頑張ります。

学生だって頭使って生きてるんです。
[PR]
by fuming_century | 2006-11-10 23:50

デザイナーズウィーク

d0002843_18122452.jpg

デザイナーズウィーク最終日。
行ってきた。ゲートのところまで。
ちょっとくらい入れてくれればいいのに。
融通の聞かない兄ちゃんたちだ。
まあ、たいして未練はない。
d0002843_18144813.jpg

ホコテンと化した並木通りでここぞとばかりにホッケーをする外国の人。
こっちのほうがよっぽど街の使い方をデザインしてますね。皮肉なもんです。
[PR]
by fuming_century | 2006-11-06 18:25

ズシ

本日はお日柄も良く、慶応の授業に紛れて逗子に建つ飯田さんご自慢の住宅の見学会に行ってきました。

d0002843_13583078.jpg

ズシK

竣工してから6,7年経ってますがすご〜く大事に住んでもらえてるそうです。
パッと見、単純な箱形ですが、内観はすごく多様です。それぞれの空間に適切なプロポーションが与えられています。緩勾配を利用して玄関より450mm高くなったリビング。テラスと一体となる2階の広いベッドルーム。対照的に海の方向にのみ開かれた小さな個室2つ。そうした空間の個性は諸室だけでなく階段室や水回りにも徹底されていてnLDKの形式は何一つ変えてないんだけど、どれもが主役、愛すべき空間となっていました。部分の主張を決して外観には見せない、というか内外という関係式は既になく、外観は外観でまた住宅をつくる一つの部分、といった姿勢が飯田イズムといいますか谷口イズムといいますか、とにかくいい住宅でした。

d0002843_14365525.jpg

リビング
d0002843_1433308.jpg

トイレのトップライト
d0002843_14335930.jpg

階段室
[PR]
by fuming_century | 2006-11-04 14:40