fumix/海賊船クルー      しかし船が設計できないのでもっぱら建物を設計している 


by fuming_century
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

結果発表〜。

d0002843_2411044.jpg

建築環境デザインコンペ 「温暖化地球におけるノアの箱舟」
資源としての書物/ノアの箱舟

第二次ヒアリング審査、行ってまいりました。
会場はホテルニューオオタニ、ケーキセットは1800円、う〜んわかんないわかんない。
結果はといいますと、、、2位。
これほどまでに歯がゆいポジションはないなぁ。
もしもこれが実施設計コンペだったら何も意味がないほんとただの2位。
努力とは、結果で示すもの、いやはや、ごもっともです。

「国家の品格」で一躍有名人になった藤原正彦が「祖国とは国語」という本の中
でこんなことを言ってました。

国を滅ぼすには、まず何を奪えばいいか?
それは言葉です。

僕的にはかなりハッとさせられた答えでした。それが今回の提案とリンクしたのは審査会前日のことですが。
温暖化なんていう環境問題を突きつけられたとき、今ありうる環境設備・技術の粋を集めて実現可能なアイデアに固執しがちですが、それではノアの箱舟という象徴性には絶対に辿り着けない。ならば文明の根源に還ってまずは言葉を残す、そのためのノアの箱舟を地球全体がもつ環境の大きさを示すように、地球全体に均等に配置しましょうよ。エネルギーを必要とする建築設備なんて使いません。環境問題とは思想なんです。

「建築と設備のトータルな調和を求めて」というサブタイトルのコンペで、さらには審査委員の過半数が設備の専門家である中、そんな正直な思いを伝えた僕らヨココックチームはなかなかどうして男だったんじゃないかと思います。まあそうは言っても悔しいけれども。

いよいよこれで修論のみですかぁ、そうですかぁ。
[PR]
# by fuming_century | 2006-12-06 03:22

トニーガルニエといえば

Yoshida先生。リスペクトです。
どうも限りなく1講座よりの8講座の者です。お久しぶりです。
fumix「お荷物キャラの浸透の早さには僕自身が一番驚いている。正直戸惑っている。」
とのことです。

修論がらみで最近もっぱら工場を見ています。勢いあまってこんな本を買ってしまいました。
d0002843_19262587.jpg

菊池さんのホームページで見つけて即買。さっき届きました。
ひきこもり修論生活で、はじめてテンション上がりました。
ほんとうに純粋な機能主義はむしろ形態の多様性に表れる。はず。
[PR]
# by fuming_century | 2006-11-27 20:00
事務所から復帰してM3組プラスShigiとやったリハビリコンペ
「温暖化時代におけるノアの箱舟」

が、上位4点に選ばれました。

赤ペン先生harihariの「ものすごく時間をかけたのが垣間みれる地図」
という指示を忠実に守ったかいがありました。

見事に地球を救って1等賞取りたいです。2次のヒアリング頑張ります。

学生だって頭使って生きてるんです。
[PR]
# by fuming_century | 2006-11-10 23:50

デザイナーズウィーク

d0002843_18122452.jpg

デザイナーズウィーク最終日。
行ってきた。ゲートのところまで。
ちょっとくらい入れてくれればいいのに。
融通の聞かない兄ちゃんたちだ。
まあ、たいして未練はない。
d0002843_18144813.jpg

ホコテンと化した並木通りでここぞとばかりにホッケーをする外国の人。
こっちのほうがよっぽど街の使い方をデザインしてますね。皮肉なもんです。
[PR]
# by fuming_century | 2006-11-06 18:25

ズシ

本日はお日柄も良く、慶応の授業に紛れて逗子に建つ飯田さんご自慢の住宅の見学会に行ってきました。

d0002843_13583078.jpg

ズシK

竣工してから6,7年経ってますがすご〜く大事に住んでもらえてるそうです。
パッと見、単純な箱形ですが、内観はすごく多様です。それぞれの空間に適切なプロポーションが与えられています。緩勾配を利用して玄関より450mm高くなったリビング。テラスと一体となる2階の広いベッドルーム。対照的に海の方向にのみ開かれた小さな個室2つ。そうした空間の個性は諸室だけでなく階段室や水回りにも徹底されていてnLDKの形式は何一つ変えてないんだけど、どれもが主役、愛すべき空間となっていました。部分の主張を決して外観には見せない、というか内外という関係式は既になく、外観は外観でまた住宅をつくる一つの部分、といった姿勢が飯田イズムといいますか谷口イズムといいますか、とにかくいい住宅でした。

d0002843_14365525.jpg

リビング
d0002843_1433308.jpg

トイレのトップライト
d0002843_14335930.jpg

階段室
[PR]
# by fuming_century | 2006-11-04 14:40

ビタミンF!

d0002843_2101177.jpg


30半ばの団塊ジュニア世代の父親と、思春期を迎えるそのこどもたち。
そしてそのちょうど真ん中の25歳の今の僕。
ちょっと前のようでもう10年も経ってしまった思春期の僕。
まだまだ先のようでもう10年しかない30半ばの中年な僕。

父親の気持ちにも子供の気持ちにも激しく共感。
この世代の父子関係を描写させたら重松清の右にでるものなし。
即効性のあるビタミンです。短編集だけど激薦
[PR]
# by fuming_century | 2006-10-28 02:22
d0002843_157829.jpg


最初から最後まで、見守りつづけたM3組と青バケツ。
ばいばいキタナカほわいと。
[PR]
# by fuming_century | 2006-10-28 02:05

Happy wedding !

d0002843_1512787.jpg

Takeshi&Jorina Wedding Reception
@ COPA Tokyo

ひとの幸せがこんなにも嬉しいなんて!
大学院の同期、我らがジョリーナ姫の結婚パーティー。
いやぁ、いい1日でした。皆もつられていい笑顔。
たけし君、ジョリーナ、いつまでもお幸せに。


d0002843_15324297.jpg

次なる幸せ者はどなた?
[PR]
# by fuming_century | 2006-10-09 15:34

そういえば

復学いたしました。ほぼ一年間続いた事務所生活ともしばらくお別れ。
なんかもう完全に失業したような気分で、解放感よりも焦燥感のほうが強いかも。
事務所を出たとたんに修士君がおでこくっつけてガンくれてるもんでね。

さて、何の悪魔の実をたべるかなぁ。
[PR]
# by fuming_century | 2006-10-04 12:20

長野

d0002843_253615.jpg

始発の特急スーパーあずさに乗り込んで長野に行ってきました。
とびきりのいい天気。秋ですね。

こないだまでやってた塩尻市民センターコンペの一般公開へはるばる偵察に。
200点を見るのはさすがに疲れましたよ。もう後半はさっぱりとみました。
登録番号150番以下のみなさんすみません。

気になった作品はこちら。
一般公開してるくらいだから載せてもいいんでしょうよきっと。
d0002843_2144262.jpg

左上:こ、これはまさか! 右上:勝負色は赤ですおそらく
左下:ぶどう棚建築 一番気持ちよさそう  右下:アリかナシかなら、う〜ん、わっかんねぇ。

なんとなく、これはあの事務所かなぁってわかるもんで、けっこう楽しかったです。
どうか2次に勝ち進んで戦えますように。

長野といえば松本芸術館、よってこうかとスケジュールチェック。
「ジョージ山本コンサート」
会いたいような、会いたくないような。さぶちゃん来てるかもしれないし。
予想以上の金額にさぶちゃんファミリーの実力を知る。
これはどうやらお呼びでない。

ということでもう一つの本命へ行ってきました。
d0002843_2252512.jpg

安曇野ちひろ美術館。

はい俺正解、間違いありません。もう風景に馴染んじゃって馴染んじゃって。
にわか雨のおかげで虹までかかるミラクルも起き満足な時間でした。
美術館というより、贅沢なみんなの別荘のような佇まい。
いつまでも椅子に腰掛けてちひろの絵本を読んでいると、
ついつい、もうすこしで帰れなくなるところでした。

内藤さ〜ん、好き!
[PR]
# by fuming_century | 2006-09-13 02:44